手根管症候群の治療は、その原因が特定できている場合には、その原因を取り除くことが最優先だと思いますが、実はその原因が特定できるケースは少ないのが現状になります。明確に手のむくみなどがある場合には、そのむくみを取る必要がありますよね。でも、そうでない場合には、基本としては炎症を抑制する薬を服用しながら、電気療法や温熱療法などで血液の循環を向上させて神経への圧迫を緩和するといった保存的治療が行われます。原因は分からなくても、手の神経が圧迫されていることが多い為、その圧迫を取り除くために、血行促進の為の食事をとったり、ストレッチ等適度な運動で血行をよくしたりする為す。神経の周りで炎症が起きている場合には、その炎症を治さなければならないでしょうから、抗炎症剤の服用や器具で手を固定して使わないようにするなど、腱鞘炎と同じような治療法が行われます。時には、副腎皮質ホルモンの注射を行う可能性もあるといえます。しかし、慢性化してしまったり、痛みが激しくなったり、症状が悪化してくると、手術を行う事になりますね。基本的には、局所麻酔による手術で、掌を7センチほど切開する手術です。手術によっては痛みやしびれはすぐに治まりますが、筋力の回復にはリハビリが必要で、年齢によって長期間掛かる覚悟が必要だと思います。そのため、出来る限り手術は行わず、保存療法によっては症状改善を目指すのが一般的ようですよー